HOME > 畳のお話し > 6月25日  3部屋続きの和室


新着情報

6月25日  3部屋続きの和室

日本の家屋から和室が消滅しそうな位の勢いで新築から和室が減ってきております。まるで平安時代に遡ったような錯覚を感じます。それと言うのも平安時代では一般の庶民は土間か良くて板敷での生活です。極限られた貴族だけが 畳 で生活していたそうです。

さて、この度は今では殆ど見る機会も無くなった和室3部屋通しの畳表替えでございます。もちろん、一日で全ての畳表替えは終了しました。襖を開け放った畳の通し間から贅沢感を感じますね。

 

  

バックナンバー"

  • 2022年6月
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930