HOME > 公営住宅・退去時のリフォームについて

公営住宅・退去時リフォーム

確実に検査合格させ、どこよりもお安くご提供しています

市営住宅、県営住宅、町営住宅、村営住宅等々の公営住宅を退去(引越し)するときには、現在の入居者が、畳・襖・障子(=公営住宅・退去3品)を新しくし、さらにハウスクリーニングをしてから、出てゆかなければなりません。

引越しで物入りが時期に「少しでも安く上げたい」
でも、役所の検査担当者に「再度、やり直し」と言われたくない。
そんな、公営住宅を退去する皆様のご要望にお応えして、スペシャルプランを作りました。

退去時リフォームのラインナップと価格

畳:表替え

公営住宅が指定している「JAS2等」を使用します。

畳表替えの写真

4,000円(税別)

襖:貼り替え

市町村で決まっているものを使用します。

襖貼り替えの写真

2,000円(税別)



障子:貼り替え

入居した時から使用している紙、業務用の普通紙を使用します。

障子貼り替えの写真

1,400円(税別)

ハウスクリーニング

公営住宅退去時は総合ハウスクリーニングが求められます。

ハウスクリーニングの写真

一式35,000円(税別)より


吉田畳店のリフォーム(現状回復工事)は、お求めやすい料金で、検査合格保証がついてます。

修繕・リフォームが、きちんとできているかどうかを、役所の担当者が現場で検査・チェックします。
その時の業者の仕事がいい加減で、不合格・やり直しを言われれば、
追加料金がかかり、引越しの予定も狂ってしまいます。
当店は、1000軒以上の退去のリフォームの実績があります。
確実に合格出来る事をお約束致します。
万一、不合格になった場合は、追加料金を一切頂いておりませんので、ご安心下さい。

どこのお店より安く、引越し時の「畳・襖・障子」の3品目プラスハウスクリーニングをご提供する事をお約束致します。
公営住宅は、使用する材料に規定があります。
もしも、同じ材料で、当社よりお安くしている業者さんがおられる場合は、ご相談下さい。
またチェックが不合格だった場合の事を考えれば、遠方の安い業者さんは、避けた方がいいと思います。

修繕の必要になった場合も当社にお任せ下さい!

退去(引越し)の際には、必ず修繕・リフォームしなければならない「3品目」以外にも、自然劣化とは言えない、入居者の責任による「痛み」がある場合や、落書き・破損等がある場合には、役所側から修繕を求められる場合もあります。
そのような場合にも、当店で修繕することが可能ですので、併せてご相談いただければ、お力になれると思います。


(例)

クロス(壁紙)、壁
落書き、めくれ上がり、破れがある場合
ガラス
壊れている、破損している場合
洗面台、風呂、トイレ
壊れている、破損している場合
棚、柱等の木部
落書き、破損している場合
鍵のシリンダー
玄関、物置などのマスター鍵をなくしている場合等々

サポート公営住宅

須賀川市営桜岡住宅、須賀川市県営桜岡住宅、須賀川市営北団地住宅、鏡石町営住宅、矢吹町営住宅、玉川村営住宅、郡山市営住宅、白河市営住宅



ページトップへ戻る