HOME > クロスのお話し


新着情報

1月13日  クロスの貼り替え (2018年01月14日)

昨年暮れにキッチンで続く広いリビングのクロスの貼り替えを行いました。新築から既に20年が経ち生活の汚れや煙草の煙などで壁や天井は見事なまでに黄昏色に変色しております。気になってはいてもなかなか実行に移せないとおっしゃっていた施主様は当店のホームページを見てご注文を頂きました。クロスの貼り替え面積も相当な広さになりましたが、施主様がお休みの日の施工を希望さましたので2週間にわたっての施工となりました。施工前と施工後の写真をご覧頂ければ解ると思いますが、施主様が言うには 「まるで別の家に居るようです」 

    

10月26日  洋室のリフォーム (2017年10月26日)

工務店の依頼で洋室のリフォームを行いました。当初の予定は壁紙(クロス)の貼り替えのみでしたがブラインド取り付け、クッション性に優れた床材施工とお仕事が増えてまいりました。選んだ壁紙はダーク調、ブラインドは木製の本格派、床材も木目調。その部屋を使う方の好みなんでしょうか、ドラマでよく見るどこぞの社長室のような雰囲気でございます。

    

施工前の様子はこちらです

9月26日  クロスの貼り替え 施主は愛煙家 (2017年09月26日)

 当店で定期的に織り込む新聞チラシをご覧になったお客様よりの依頼でリビングのクロス貼り替えを行いました。打ち合わせ時に施工予定のリビングに通されて驚きました。天井から壁や白い窓枠に至るまで完全にたぼこの煙によってセピア色になっておりました。参考までにお伺いしたら一日にたばこ3箱を消費するそうです。さて、クロスの材料を検討して頂きましたが「 どうせ、また汚れる事を想定してエコノミークラスで 」 と即断でした。職人から予定時刻より早めに貼り終えたとの連絡が入り貼り替え現場で行くと、何と眩しいくらい明るくなったリビングで施主様は満足げに眺めておりました。

施工前

    

施工後

      

7月11日  クロスの貼り替え (2017年07月11日)

長年の煙草の煙で壁紙も黄昏色に、生まれた赤ちゃんの育児室にと考えた若いご夫婦よりの依頼でそのお部屋の壁紙の貼り替えを行いました。壁紙の剥がし作業の前にカーテンレールや照明器具の取り外しを行いますがこれらのもちろんかなり汚れておりますので漂白剤で洗浄作業です。

  

全ての器具の外し作業が終わればあとは一気に壁紙の剥がしです。

  

煙草臭も無くなったカーテンレール

3月23日  カーテンの取り付け (2017年03月23日)

エネルギー ゼロ の新築現場、完全なエネルギー0はあり得ませんが限りなくエコなお家です。

その新築の家にこの程カーテンを取り付けました。施主様はカーテン無しの状態でも既にお引越しされておりました。そのせいか家全体が暖かなので、最初に厚手の上着を脱ぎ、作業を進めるいちにもう一枚脱ぎました。

既成のカーテンに比べればかなり高額なオーダーカーテンですが、窓のサイズ掃出しの縁側のサイズにぴったりとした気持ちの良さはさすがにオーダーカーテンの魅力そのものですね。

3月18日 移動の季節 クロス貼り替えました (2017年03月18日)

3月は移動の季節です。卒業、転勤、就職など移動の季節を迎えました。

本日は転勤で長年住み慣れた戸建の借家から転勤で移動される方の依頼でクロスの貼り替えを行いました。生活の汚れなど長い間に少しづつ壁に付いていきますので壁紙を張替えた部屋は見違えるようになり、新しい入居者を待つばかりです。

5月1日 内装工事終了 (2016年05月01日)

IMG_2400

4月中旬より作業をしていましたクロス及びフロアータイル工事もほぼ終了いたしました。こちらの建物は造園会社さんの新社屋で広いワンフロアーの事務所に和をイメージした会議室などかなり凝った仕上げになっております。当店が担当した内容はクロス仕上げ、床のフロアータイル仕上げでございます。吹き抜けの天井には明り取りの天窓が抜いてあり職人の腕の見せ所でもありましたが高い天井にさらにそこより2m高い施工でした。久しぶりに私も足場板に上がりクロスの施工の補助をしました。かつてはこの私もクロス貼りをしていましたのでつい昔を思い出しながらの作業でした。

IMG_2527

全ての工事が終了した後にクリーニング業者が現場に入っておりました。

3月6日 大震災からまもなく5年 クロス補修 (2016年03月06日)

IMG_2164IMG_2150

未曽有の被害をもたらした大震災から間もなく5年目を迎えますが、建物の痛みを見る度にあの震災を思い出す方が多くいらっしやいます。

あの日、あの時。

長いお付き合いのお客様、震災で新築間もない建物にも被害を受けました。当初余震を気にされ修理をためらっておりましたがこの程壁の修理とクロスの貼り替えをいたしました。新しい建物なので耐震性も高く、クロスの壁面に多数の亀裂が生じた程度で済みました。テレビなどでは大震災の被害地域として沿岸部を取材し放送していますが内陸部の隠れた被災地が私の住む地域です。多くの建物が倒壊したり、地滑りで居住を諦めた方も多くいます。

2月26日 招き猫 (2016年02月26日)

IMG_2110IMG_2057

猫の習性は抑えることはできませんが、この習性には困り物ですね。そうです、爪とぎでございます。爪とぎ用のマットを用意しているようですが一向に見向きもされず、背伸びをするように壁に向かって 「ガリッ、ガリッ」とやっております。畳表替えをされたお客様からの相談で壁紙を腰下だけ貼り換えました。使用した壁紙は大変堅い素材なので猫の爪とぎにも負けません。もうこれでボロボロになりうことはなさそうです。追伸です。猫にとっては爪とぎができないのは一大事です、別の所をさがしてせっせと爪とぎをすることが予想させます。もちろんこの事は施主様にはお伝えいたしました。

困った猫ですがクロス屋にとりましては正に招き猫でございます。

バックナンバー"

  • 2018年2月
    « 1月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728