HOME > 畳屋のバックヤード


新着情報

6月7日 網戸張替動画制作 (2022年06月07日)

気温の上昇と共に網戸張替のご依頼も増えてきております。本日は普段の張替作業を撮影してみましたのでYouTubeへアップロードしました。DIYで網戸張替に挑戦される方の手助けになれば幸いです。「これは私には無理だ」と思われたら当店までお電話お待ちしております。

誰にでも簡単、網戸張替に挑戦 福島県 吉田畳店 – YouTube

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4月18日 障子の張替 動画撮影 (2022年04月18日)

障子の張替作業を行っていた時に、「ふと作業風景を動画撮影してみようか」。と思い立ち小型のカメラを設置して障子の張替を行いました。なんの準備も無く、ただ思いつきで始めた撮影でした。普段の作業風景ですが作業を終えて改めて自分の作業手順を見ると改める個所などの発見になりました。どうせならとここで余計な思い付きを、そうです、youtubeにアップしてみようと動画編集に挑戦です。専用のソフトも有りません、ましてやスキルも持ち合わせておりません。ないない尽くしの状態から悪戦苦闘3時間。どうにか編集も終えてYouTubeへアップロードをしてみました。 下記のリンクからどうぞ

吉田畳店、障子張替 – YouTube

3月20日 畳縁 見本帳が新しくなりました。 (2022年03月20日)

毎年この時期に畳縁の見本帳を更新します。その新しく出来上がった見本帳が届きました。届いた当店オリジナルの畳縁の見本帳はそのままでは使えません、その見本帳へ商品の説明文を入れたり、畳縁も同じ価格ではありませんので商品それぞれに単価を入れる作業など全ての作業を終えて完成です。昨年の見本帳の商品ラインナップから人気の無かった畳縁を数点削除、新たに数点の新柄の商品を追加いしたました。

 

 

3月11日 たたみ通信42号編集終了 (2022年03月11日)

定期発行の吉田畳店たたみ通信42号の編集も最終チェック段階に入りました。誤字脱字のチェックの為に読み替えすと幾つもの誤字脱字が見つかります。更に読み返しても、また発見とエンドレスの様な錯覚を感じ始めます。これも、素人が編集校正で作るたたみ通信の面白みと思って頂ければと半ば開き直りの境地です。発行は今月末を予定しております。

 

 

2月19日 畳が出来るまで ショートビデオ (2022年02月19日)

一般の方が畳が出来る過程を見る機会は少ないと思います。時折当店の工場へお越し頂き畳が出来る過程を見ては驚いております。当店の畳製造は完全オートメーション化されておりますので一般の方が思い描いている製造過程とかけ離れているようです。

今回はYouTubeへ2分少々の動画をアップいたしました。

サイトはこちらです。寒い日の畳工場では – YouTube

10月7日 ピザ窯の有るお家 (2021年10月07日)

ピザ、今では誰もが手軽に食べられるようになりました。かつては、特定の専門店でなければ食べる事ができませんでした。今回お伺いした一般家庭の庭先で見たものは何とピザ窯でした。お客様が言うには、本やインターネットを見て自分で作ったと。それにしても個人で作ったにしてはその完成度は半端ではありません。そのお客様は「今度ピザを焼く時にお知らせしますよ」と言って頂きました。楽しみでなりませんね。その前に受けたお仕事を完了せねば!

8月23日 ショールーム耐震補強工事 (2021年08月23日)

気になっていました吉田畳店ショールームの耐震補強工事がようやく終了しました。

10年前の大震災では壊滅的崩壊をしたショールームでしたが時間をかけてコツコツと復旧できました。あれから10年が経ち今年の2月にも強い地震に見舞われショーウインドウのガラスが割れるなどの被害が出てしまいました。その原因は建物の耐震性不足、40年前の耐震基準で建てられた建物ですので仕方ない事ですと言っておられませんのでショールームの耐震補強工事を行いました。建物の内部には太いV字型の木材それと外部にが鉄骨製のX型の筋交いを取り付けました。これで一安心です。

4月1日 公営住宅 (2021年04月02日)

我が町には4棟の公営住宅があり世帯数が108、畳の枚数は1566帖。最近この公営住宅の入居率が低下しているらしく空き部屋が目立つようになってきました。その空き部屋対策で3つの空き部屋のリノベーション工事が行われました。大規模な工事ではなく和室3部屋の内、和室1部屋と台所を一つの広い洋室にリフォームされました。そのリフォーム工事で当店が行ったのは壁1面のクロス貼り、元々塗装の壁だった壁面を柔らかさを出すための暖色系のクロス貼りました。当店は畳屋さん、和室が減るのは残念なのですが入居率が上がらなければその畳工事も減少してしまいます。致し方のない事ですね。

元々の和室と台所

リフォーム後

 

3月10日 たたみ通信40号 只今編集中 (2021年03月10日)

この3月発行のたたみ通信も40号になります。21年かけてコツコツ、時にはさぼったりしながらよく40号も続いたものです。今となっては最初のたたみ通信1号は既に行方不明となり幻のたたみ通信です。さて、今回は、と言うよりいつもの畳屋さんのバックヤードが中心です。当店の読者の方がへはいま暫くのお時間を頂ければお送りいたします。

表面だけお知らせいたします。たたみ通信40号表

11月25日 畳の時計 (2020年11月25日)

興味本位で製作した畳時計、当店で皆様へ差し上げております丸いミニ畳を見ておりましたら何となく思いついたのが畳時時計、丸いミニ畳を時計のムーブメントを埋め込む部分をくり抜き文字セットを付けて最後に分針、秒針、などを付けて完成します。この畳時計をお客様自身で製作されました。お聞きすると散歩途中で当店のショウルームを覗いたら丸い畳時計を見て思いついたらしい。時折ショウルームで展示しております丸い畳時計を譲って欲しいというお客様がおりますが、ご自身で製作したというのは初めて見ました。

バックナンバー"

  • 2022年6月
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930