HOME > 最新情報

新着情報

マンション クロス張替え New!!(更新日:2020年03月24日)

それは1月下旬の事でした。当店のこのホームページを見て連絡を頂きました。空室だったマンションを購入されたお客様自身でリフォームをするそうで当店が受注したのはクロス、クッションフロアー貼り替えでございます。セキュリティーがしっかりしておりますので、最初に工程表を管理組合に提出から始りましたが水回りの器具脱着に手こずり予定していた日程を1日オーバーして完了となりました。

カーテン(レース)の下げ替え (更新日:2020年03月18日)

不思議なご縁に恵まれました。「覚えていますか」と止めていた営業車に乗ろうとした時に声が聞こえて振り向くとそのお客様は笑顔で私を見ておりました。そのお客様とはかれこれ10年程前に知り合いに紹介されて畳表替えや襖張り替えをしたお客様でしたが突然の事でしたので「失礼ですがどちら様でしょうか」とお聞きしました。この様な縁に恵まれこのお客様宅へカーテン(レース)の下げ替えにお伺いしました。新築時のレースがかなり痛んでおり所々裂けておりました。真新しいレースより差し込む柔らかな陽の光がそのお部屋を明るくしております。何よりお客様に喜んで頂きました。

3月8日 幼稚園 カーテンの取り付け (更新日:2020年03月08日)

 お付き合いも多岐にわたる幼稚園よりカーテンの取り付けのご依頼を受け日曜日に取り付けました。今回カーテンを取り付けましたお部屋は通常園児達の遊戯室です。通常のお昼寝のお部屋は別にありますが、この広いお遊戯室をお昼寝のスペースに使用するには遮光をしなくてはなりません。今回取り付けましたカーテンは遮光機能1級さらに防炎品。

3月1日 カーテン下げ替え (更新日:2020年03月01日)

以前に当店で畳表替えを行ったお客様より追加のお注文です。 「 畳屋さんってカーテンも扱っているんですね 」 とお電話を頂きまして再度お見積りにお伺いしました。採寸をしているとカーテンレールの痛みが気になりましたので参考までにとレール交換のお見積りも同時にいたしました。動きが悪かった古いレールを外し新しいレールを取り付け新しいレースを下げ替えました。お客様も動きがスムーズになったカーテンを何度も動かしては満足したご様子です。

2月20日  畳表の産地視察 熊本県八代市 (更新日:2020年02月20日)

畳表の主産地、熊本県八代市を視察してきました。今現在国内の畳表の唯一の供給地は熊本県八代市でございます。あと僅かに生き残っていいる産地が有る程度です。毎年お伺いする度にイ草の栽培面積が減少しているのが肌で感じます、それと同時に将来の供給不安を感じえません。その供給不安を解消すべく当店では契約栽培にいち早く取り組んでおります。今年の契約栽培の田んぼは昨年とは違う場所になりました。連作障害対策の為です。これにより安定的に良質な畳表の供給が可能となります。

1月28日 畳表替え 天然と工業 (更新日:2020年01月28日)

畳表の種類には大別して天然系と工業系の2種類があります。その工業系の畳表のシェアが畳表全体で20%と言われており年を追うごとにそのシェアを拡大しております。さて、今回ご紹介するのは天然系畳表と工業系畳表の使い分けた施主様。一般の方が畳表に求める条件にまず丈夫な事、真新しさの色が長持ちする事の2点が挙げられます。この施主様は使用頻度の高い茶の間には工業系畳表を使い、床の間と続きの和室には天然系の畳表を使いました。納品した畳に腰を下ろして施主様が言いました。「 やはり天然の畳表の香りは良いね 」 

工業系の畳表を使用

天然系畳表(吉田畳店契約畳表) を使用

 

1月21日  ミニ畳でシュミレーション (更新日:2020年01月21日)

住宅メーカーの展示場を覗くと殆どの和室にはへり無し半畳の畳が敷き込まれおり、もはや畳と言えばへり無し半畳が当たり前の様にも思えますね。さて、本日のお客様はそのへり無し半畳を入れたいという方でした。年数が経ち畳も相当くたびれた様に感じられるので入れ替えを検討しているがどうにもイメージが湧かないようです。当店のショールームへお越し頂きへり無し半畳のシュミレーションを体験していただきました。色の組み合わせでお部屋のイメージも変わるんですねと言っておられました。

 

 

 

 

1月15日 TV取材は突然来る (更新日:2020年01月15日)

福島県鏡石町の駅前通りに店舗兼住居を構えておりますので時折テレビ局の取材を受けます。一見、店舗正面からは畳屋とは思えない意外性なのでしょうか。ここは畳屋さん?とレポーターさんとTVカメラマンが入って来るパターンが殆どです。でも当店は畳店です。さて、今回のTV放送の取材は昨年末、クリスマス商戦から年末商戦へと移った頃、いつもの事ですが何の前触れも無く突然の取材、80歳過ぎの高齢者が店番をするお店にレポーターも少々戸惑った事でしょうね。

1月11日 あの水害から3ヶ月 (更新日:2020年01月11日)

 

昨年の台風19号の豪雨による水害から今日で3ヶ月です。本日はお正月で工事が中断していたお宅の畳襖そして障子を納品しました。お客様も「 これで、元の生活に戻れました 」と言いながらお仏壇にお花を供えておられました。水害の復旧は道半ば状態です、手付かずの家屋が目立つ被災地です。

 

12月31日 お正月に間に合いました (更新日:2019年12月31日)

台風19号により起きました水害は甚大な被害をもたらしました。当店おの多くのお客様も被害に遭われました。一級河川の阿武隈川より溢れ出した濁流は住宅街へ流れ込みました。あの日以来休まず畳を製作納品を続け大晦日に最後のお客様へ届けることが出来ました。襖、畳を納品したお客様宅の大黒柱には水害の痕跡が残されておりました。

 

キャッシュレスで5%還元いたします

バックナンバー"

  • 2020年3月
    « 2月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031