HOME > 最新情報

新着情報

11月29日 クロスを貼り変えました。 New!!(更新日:2019年11月29日)

 畳、襖を替えたお客様

「あら!、吉田さんって、クロスもやっているのね 」と半ば驚いた様に言い、更に「このリビングのクロスを貼り替えたらいくらかかりますか」。そんな何気ないお客様との会話からお仕事をいただきました。築30年、クロスも汚れや継目の剥がれなどが目立っておりました。天井、壁と貼り替えたらリビングは見違えるほどに明るくなりました。更に、どうせならとキッチンも貼り替えました。

11月21日 檜のフロアーにタイルカーペット (更新日:2019年11月21日)

長いお付き合いのお客様からのご依頼でタイルカーペットを貼り込みました。当初、お客様は天然の檜のフロアーに傷が付くのを防ぐ為にホームセンターで購入してタイルカーペットを敷いておりましたが、歩く度にタイルカーペットがずれ動いて使いづらかったようです。今回使用したタイルカーペットは裏面にノリが数カ所付いている資材です、タイルカーペット自体を剥がしても床に痕が残りませんので檜のフロアー自体にも悪影響は有りません。施工を終えたリビングを眺めていたお客様は満足そうなご様子。

11月16日  小学生 街探検がやって来る (更新日:2019年11月16日)

今から10年以上も前になりますが、近くの小学校より、小学2年生の街探検の訪問先になって頂けませんかと言う内容の打診が有りました。それ以来毎年小さな探検隊が当店にやって来ます。今年も小さな探検隊から面白い質問が沢山寄せられました。その中でもユニークな質問が 「 どうして畳屋さんやっているんですか 」。一瞬、答えに戸惑ましたが 好きだからと答えました。すると、小学生達はいっせいに 

好き だ か ら  と言いながらメモしておりました。

台風19号による浸水・水害被害に遭われた皆様へ ~心よりお見舞い申し上げます (更新日:2019年10月25日)

台風19号の浸水被害に遭われた皆様へ
心より、お見舞い申し上げます。
一刻も早い復旧のお役に立てるよう、誠心誠意、尽力してまいります。

現在、私共のところにも、
・畳
・床(フローリング、フロアタイル、シート)
・壁紙
・襖、障子
等々のリフォームにつきまして、たくさんのお問い合わせをいただいております。

できる限り、
ご希望に沿える納期、品質、価格で対応しております。

ひとつだけ、ご注意いただきたい点があります。
それは、
床下等が、完全に乾く前に、
焦って、これらを新しくすると、
後で、カビや悪臭が発生してしまう。ということです。

1階部分が不完全な状態で、大変ご不便であること、
また大変な作業が続いていることを、
お察しいたしますが、
(1) 泥を取り除くこと
(2) 乾燥させること
(3)消毒すること
(4)真水で消毒をふき取り、再度、乾燥させること
上記(1)~(4)をしていただいてから、
畳・床・壁紙・襖・障子等を、新しくしてくださいませ。

詳細で具体的な泥の除去、乾燥、お片付けの方法や、消毒用品につきましては、
各市町村や保健所、ホームセンター等でも、相談に乗ってくれます。

こちらに、参考になりそうな資料を、ご紹介しておきます。
■「よく当たる」と評判の民間の天気予報会社「ウェザーニュース社」さんのサイトです。
https://weathernews.jp/s/topics/201910/160055/

■ボランティア団体「震災がつなぐ全国ネットワーク」さんのサイトです。
http://www.sagadensan.net/skr/whats/suigiainiattatokini.pdf

当店でも、
ご予約・ご相談等、承っておりますので、お気軽にお問合せくださいませ。
TEL:0120-625-091
問合せフォーム>>

自社施工ではない、悪質で高額なリフォーム会社や工務店。
県外から来て、チラシを配布、訪問営業する業者。。等の被害が、
既に出てきているようです。
悪質な業者には、十分にご注意くださいませ。

10月23日 お客様の声 (更新日:2019年10月23日)

吉田畳店で お客様の声 として施工させて頂きましたお客様へ簡単なアンケートをお願いをし始めて既に10年が経ちました。これまでに数多くのお返事を頂き感謝いたしております。時には私どもで気づかずお客様に不快な思いをさせてしまった事などのお知らせが届いたりと本当にありがたいです。

さて、この度届きました お客様の声 は半年程前に施工させて頂きましたお客様よりの 声でございます。

10月14日 畳の入れ替え (更新日:2019年10月14日)

悩んで悩んで、更に悩んで決めた畳のお話でございます。そのお客様は1年前に当店へご来店して頂いた方でした。お話をお伺いしてみますと、くたびれた和室のイメージを変えたいというご希望らしく、かと言ってどうしたら良いかもアイデイも無い情態でした。そこで当店がご提案したのが全く畳らしくない縁無しの畳でした。そのお客様は当初提案に驚いた様子でした。それからが悩みの始まり、畳表の色がなかなか決めかねておりました。サンプルを見比べる、ネットで検索したりとようやく決めて頂きました。

施工前

施工後

10月10日  たたみ通信36号 発行のお知らせ (更新日:2019年10月10日)

不定期ながらも20年間続けております  たたみ通信  も今回で36号となりました。普段の何気ない出来事を書き留め事や私の個人的な出来事のブログなどを編集した内容でございます。このたたみ通信は当店のお客様全員へ郵送してお配り致しておりますがお届けまでは今しばらくお待ち下さい。

裏面 PDFファイル

3たたみ通信36 裏ばなし 

10月6日 寒くなる前に  内サッシ (更新日:2019年10月06日)

激しい風雨が去った朝、先日からの続いた25度の夏日が懐かしいように感じる程急激に気温が下がってまいりました。
当店とも長いお付き合いになりますお客様のお一人様より連絡が有りお伺いしてみますと
「 寒くなる前に内サッシを入れてください 」と相談を受けました。
当店はサッシ業者ではございませんがでできる事は相談に乗りますので、即出入りのサッシ業者に連絡を入れました。
ではなぜこのお客様から相談を頂いたのかと言いますと、以前から内サッシを入れると結露対策や暖房効果が高まりますと
お伝えしておりました。

 

9月28日 期限までに間に合わせて (更新日:2019年09月28日)

この度のお仕事は期限付きの畳の入れ替えでした。ほとんどのお仕事には期限や施工日などが付きますが、今回ご紹介するお仕事は不意打ちの様に突然のご依頼ででした。お仕事依頼を嬉しい事ですが予定が詰まっている中での事。どうしようか、外注も視野に入れながら思案。パズルのピースを動かす様に予定をあっちへ、こっちへと。そして出した答えは、最終判断は2日間の深夜残業。

この地区の秋祭りに間に合わせて下さい。お約束通り納品完了。

9月24日 たたみ通信第36号編集も終盤 (更新日:2019年09月23日)

吉田畳店で不定期ながらも発行を続けているたたみ通信も今回で第36号を迎えます。
毎回の事ながら私って誤字脱字の達人なんでしょうか。読み返す度に有るは有るは、ここまで有ると半ば諦めモードに入ってしまいます。ふと思ったのですが、たたみ通信のコーナーに誤字脱字コーナーを設けましょうか。例えば、すべての誤字脱字を見つけた方全員に素敵な商品をプレゼント。 そうならない様に誤字脱字のチェック中。尚発行は10月を予定しております。
追伸でです。今回から編集作業効率化の為にモニターを増やしました。

バックナンバー"

  • 2019年12月
    « 11月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031