HOME > 最新情報

新着情報

4月15日 ロールスクリーン取付 New!!(更新日:2021年04月15日)

この度ご紹介する施工例は素敵な洋館風な建物にお住いのお客様よりご注文を頂きました。変形の出窓のようなスタイルの窓9か所にロールスクリーンを取り付け、さらに追加でレースのカーテンの取付ました。吹き抜けの高い位置への取付は足場を掛けながらの気の抜けない作業となりました。また、カーテンレールの作業も難易度の高い作業で変形の4面体の出窓へ壁面のカーブに合わせて折り曲げて取付ました。レースカーテンを取り付ける前は施主様自身で突っ張り棒に布を下げておりましたので変形レールのレースカーテンの開け閉めが楽になりご満足の様子。

4月1日 公営住宅 (更新日:2021年04月02日)

我が町には4棟の公営住宅があり世帯数が108、畳の枚数は1566帖。最近この公営住宅の入居率が低下しているらしく空き部屋が目立つようになってきました。その空き部屋対策で3つの空き部屋のリノベーション工事が行われました。大規模な工事ではなく和室3部屋の内、和室1部屋と台所を一つの広い洋室にリフォームされました。そのリフォーム工事で当店が行ったのは壁1面のクロス貼り、元々塗装の壁だった壁面を柔らかさを出すための暖色系のクロス貼りました。当店は畳屋さん、和室が減るのは残念なのですが入居率が上がらなければその畳工事も減少してしまいます。致し方のない事ですね。

元々の和室と台所

リフォーム後

 

3月16日 襖の張替えをクロス仕様に (更新日:2021年03月17日)

2月13日の突然の大きな揺れ、福島県沖を震源とする地震で震度6強の揺れ

建物に大きな被害が発生しております。10年前の東日本大震災で建物に大きな被害が

発生した家屋が多数ありました。その時に補修した家屋がまたもや同じような被害に

合われました。勿論、当店も被害が発生しておりますが建物の倒壊には至っておりませんので

ご安心下さい。今回は地震の揺れで壁に切れるが多数発生した方のご依頼でクロスの見積もり

同時に襖の張替の見積もりを行いました。お客様のご希望により襖の張替えを先行いたしました

襖の見本帳に気に入った色が無かったのでビニールクロスを提案したところ

即断で決めて頂きました。

シックで落ち着いた雰囲気のお部屋に生まれ変わりました。

 

3月10日 たたみ通信40号 只今編集中 (更新日:2021年03月10日)

この3月発行のたたみ通信も40号になります。21年かけてコツコツ、時にはさぼったりしながらよく40号も続いたものです。今となっては最初のたたみ通信1号は既に行方不明となり幻のたたみ通信です。さて、今回は、と言うよりいつもの畳屋さんのバックヤードが中心です。当店の読者の方がへはいま暫くのお時間を頂ければお送りいたします。

表面だけお知らせいたします。たたみ通信40号表

3月4日 震度6強の揺れ (更新日:2021年03月04日)

東日本大震災の10年目を前にしてまたもや大きな揺れに見舞われました。その揺れの被害も日にちを追うおごとく次第に明らかになってまいりました。当工場内では資材の殆どが倒れ、畳製造機器の殆どは大きなボルトで床に固定されておりましたが1台だけがボルトで固定されておりませんでしたので予想通りに動いておりました。さて、本日は急ぎの依頼が入りましたので予定していた業務の組み換えで何とか対応できました。その急ぎの依頼とは震度6強の揺れで障子戸の殆どがボロボロ状態に破れてしまいその張替えでした。そのお客様の障子の張替を6年前に当店で行いました。当時使用した障子紙と同じ破れにくい障子紙で張り替えました。いかんせん、子供の悪戯では破れない商品でしたが大きな地震の揺れには立ち行かなかったようですね。

2月10日 極、極、薄畳の製作 15mm (更新日:2021年02月10日)

一般の方で畳の厚みをご存じ無いかと思いますが、通常の畳の厚みは約60mm。近年、ハウスメーカーなどコスト意識が高い建設会社などでは薄い畳を要求するようになってきました。その畳の厚みは何と15mm、以前の機械設備では到底製作不可能な厚さの畳でございます。昨年、当店でも漸く極薄畳製作可能な機械設備を導入いたしました。本日は空いた時間に端材で製作してみましたが、本当に薄い畳ができました。

 

2021年 1月23日  マンションリフォーム 縁無し半畳納品 (更新日:2021年01月23日)

中古マンションを購入された方のリフォーム。壁紙からフローリングまで全て替えたリフォームです、勿論畳も入れ替えました。元々は通常の畳がはいっていたマンションですがリフォームの際に今人気の縁無し半畳タイプを希望されました。引渡し前に全ての工事が終わった段階で畳を納品いたしました。縁無し半畳タイプの場合色合いを2色選ぶのが一般的なのですがお客様はあえて1色を希望されました。余談ですがプロの私達畳屋さんが好む色合いです。

 

1月10日 新築現場へカーテンの取付 (更新日:2021年01月10日)

正月明けに新居へお引越しするお客様、その前日にカーテンを取り付けました。窓数も11窓ありますので全ての取付が終了したのは午後になりました。施主様のご希望で室内の光が漏れないようなリターン仕様カーテンのスタイルを提案しました。室内は2色で統一されておりますのでお選びになったカーテンも2色で統一し落ち着いた空間の演出となりました。

12月25日 新築工事 畳、クロス終了 (更新日:2020年12月25日)

年末を前に新築現場へ畳の納品を終えました。この新築の物件では畳とクロス工事を当店が施工致しました。施主様とのクロス柄選びから始まり長い期間を要しましたがようやく終了しました。畳は今流行りの畳縁の無い半畳タイプ、その一角が斜めにカットされ製作は超難関。それも無事敷き込み終了しました。

お任せします、クロス貼替。 (更新日:2020年12月16日)

アパートのオーナー様とは長いお付き合いになり、クロス、襖、畳の貼替を一任して頂きました。

この度、退去された方は愛煙家でしたのでその居住していた全てのクロスがセピア色、激しいたばこ臭。この一所帯の総リフォームです。クロス柄選びは一任されましたのでこの際に高級感を出してみたいと思い貼り合わせを行いました。リビングの1面だけを濃いグレー基調の壁紙、その他はシンプルなアイボリーの無地の壁紙です。当初、オーナー様の不安の様子でしたが仕上がった部屋を見て満足して頂きました。

 

バックナンバー"

  • 2021年4月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930