HOME > 畳のお話し


新着情報

10年目の畳表裏返し (2019年08月15日)

今から10年前に畳表替えをされたお客様より急ぎの畳表替えの依頼が有りました。その理由は伏せておきますが何やら人の出入りが激しいその日でした。お客様は10年も経ち裏返しは無理だと思っていたらしいですが、10年前の畳表替えの際に高級な畳表を使用されましたので当店は裏返しを提案致しました。その際に使用した畳表は当店契約栽培イグサ農家で生産された畳表、貴重な無染土畳表です。施主のお客様も敷き込まれた畳を見て 「 わー綺麗 」と驚かれておりました。

  

7月20日 照明器具カバーの張り替え (2019年07月20日)

当店のお仕事も多岐にわたるようになりました。当初は屋号の通り 畳屋 でしたがライフスタイルの変化に伴い和室関連商品から洋室関連商品まで扱う様になりました。この度はとあるお客様 障子張り替え のお見積もりにお伺いしたところ、これって張り替え出来ますか? と尋ねられるました。 それは照明器具のカバーでした。その 照明カバーは長年の煙草の煙で茶色に変色しております。その変色したカバーの素材はワーロンの一種、当店でも張り替え可能なのでお預かりしました。残念な事に張り替え前の写真を撮り忘れました。施工後の写真のみご披露します。

 

7月1日  畳のリフォーム  縁付畳から縁無畳へ (2019年07月01日)

畳のリフォーム。聞きなれない言葉でしょうね、当店で勝手に付けた呼び名なのでご理解できないのは無理はありません。ではその畳のリフォームの謎解きをしてまいります。今回の畳表替えは通常の縁付の畳を今人気の縁の無い畳へ替えと言うことでした。縁付畳と縁無畳とでは畳の寸法の割り付けが異なるのでそのまま畳表の張替は出来ません。1枚いち枚畳床の微妙な寸法の調整が必要となり作業時間も通常よりもかかってしまいます。

今回使用いたしました畳表は樹脂表、メーカー名 アースカラー 今までの畳の概念を覆すデザイン。畳を敷き込んでみますと、もはや畳とは言えない印象です。でも畳でございます。

施工前の写真を撮り忘れたのがどうにも残念でなりません。

  

6月9日 吉田畳店 イ草契約栽培 (2019年06月09日)

畳表の主原料のイ草産地は熊本県八代地方、かつては西日本各地にイ草の産地が点在しておりましたが今となっては八代地方だけとなっております。その八代市内のイ草農家と契約栽培をするようになり既に10年以上が経ちます。農家へ毎年2回お伺いしてイ草の生育状況の確認や織り方など綿密に打ち合わせを行っております。この程イ草農家をお伺いしたのはまさにイ草刈取り直前でした。イ草も順調に生育しており期待通り収穫が望めそうです。

畳表替えオプション商品 (2019年05月29日)

畳表を替える際に当店ではお客様へオプションメニューからいくつかの提案をいたします。例えば、ダニ対策に防ダニシート、畳殺菌乾燥、防カビ処理、調湿シートなどお客様のお住いの畳の状況で提案する内容も変わります。さて、この度は畳表替えを希望されたお客様よりダニ対策の相談を受け防ダニシートを提案いたしました。このシートは畳表と畳床の間入れるタイプで施工されているのが確認出来ません。そこで当店では施工の様子をタブレット端末で撮影し施主様へ観て頂く様にしております。

 

5月21日 変色しない畳表 (2019年05月21日)

一般の方が畳表替え時に希望される第一が青畳の色が変わらない事です。天然のい草では到底なし得ない事ですが工業系の畳表なら青畳のままお使い続けられます。この度、新築から7年が経ち畳表のささくれが目立つ様になったのをキッカケに畳表替えしました。活発なお孫さんの遊び場にもなっているその部屋は陽当たりも良いお部屋。耐久性重視でお選びになった畳表は工業系の畳表です。

5月9日 畳 と クロス 貼り替え (2019年05月09日)

今回ご紹介する施工事例のお客様は当店のホームページを見てご注文を頂きました。打ち合わせ時に「どのようにして当店をお知りになりましたか」とお聞きしますと、これこれと言いながらスマホを手にして「いやあ、便利だよ、これで居ながらにして何でも見れるんですよ」と言っておりました。スマホの普及がインタネットを介してホームページの重要性が増しております。

さて、肝心のお仕事の内容はカウンターキチンのクロス部分貼り替え、畳の表替えでございます。

   

令和 元年 5月1日  畳と掛けまして   (2019年05月01日)

いよいよ令和の時代の始まりですね。

さて、畳と題しまして謎かけです、畳 と掛けまして タイムカプセル と 解く

その心は  畳を持ち上げると畳の下からは懐かしい記事が出てきます。

あるお客様の畳替えで畳を持ち上げましたら畳の下には古い新聞紙が一面に敷き詰められておりました。ついつい懐かしさが手伝ってか読みふけると、おやっ!とある記事が目に留まり、その記事は当時皇太子だった浩宮様が修学旅行で福島県を訪れた事が書かれておりました。昭和46年5月12日 1971年

  

 

4月5日 吉田畳店チラシは近隣のスーパーマーケットで (2019年04月06日)

本日、吉田畳店のチラシが新聞折り込みになりましたがそれとは別に同じチラシを近隣のスーパーマーケットに置くことが出来ました。もちろん、手にとりお持ち帰りして頂けます。

3月13日 ホームページよりご注文 (2019年03月13日)

ホームページ上のお問い合わせフォームの機能が機能せず多くの方にご迷惑お掛け致しました。早々に修復致しました所、さっそくオーダーが入りましたので一安心です、ではその全貌をご覧ください。このお客様は急な依頼を恐縮されていましたが予定のやり繰りで対処可能でした。実際の作業は通常の畳表替えですが、畳を引き上げてみると 薄い畳 です。建築様式の変化なのかコストカットの都合なのか最近の畳の厚みがその都度変わってきておりますね。でもご安心ください、施工費用の追加はございません。

バックナンバー"

  • 2019年8月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031