HOME > 読んでもタメにならないお話し


新着情報

10月31日  畳屋さんの店頭もハロウィーン   (2017年10月31日)

昨年より栽培を始めたハロウィーン用のカボチャ、今年も畑では幾つものカボチャが育ちました。育ったカボチャは個性豊かななものばかりです。少々いびつな物や、おー、これは見事な形、などなど見ていても楽しいものです。さて、今日のこの日の為に育ててきたカボチャ達を日ごろ使い慣れている畳包丁で料理でございます。砥石で丹念に包丁を研ぎ準備完了、ではカボチャに目を彫り次に口を、この時に力余ってジャックオーランタンの大きな歯を切り落としてしまい、どうにも間抜けな顔になってしまいました。

   

1月15日 たたみ通信29号のお知らせ (2017年01月15日)

毎年1月に編集するたたみ通信の編集作業もいよいよ大詰め。記事割も済み、後は私の得意技、誤字脱字のチェックです。読み返すたびに、あっ、ここが間違っている。おやおやこの文章変だなあ。と校正に時間の掛かること。文章能力の無さを痛感させらます。校正が終了しだい印刷に取り掛かり、ご愛顧頂いております皆様へは後しばらくお時間を頂きます。

11畳通信29号.pdf 

2月19日 ふすま張り (2016年02月19日)

IMG_2017

畳工場の一角は襖、障子の張り替え工房です。本日は市営住宅の襖の張替の作業が続いております。これが終わると障子の張り換え作業が始まります。一般の方は襖張り替えなどで全面に糊を付けると思っておりますが実はふすま紙の周り数センチだけに糊を付け、その中はほとんど水に近い極薄い糊をつけてから張出ます。以外と知られていない事です。写真の職人は只今周りに濃い糊を付けている最中です。その後襖に張りつける作業にとりかかります。

IMG_2019

ちょっと耳学問 ふすまを はりかえる の漢字はさてどちらでしょうか

   1   張り替える

   2   貼り替える

答えは 1番の 張り替える です。この張りはピーンと張るの意味で襖は周りだけ糊を付け紙を引っ張るような状態だからです。知らなかったなあ、

7月2日 畳工場の隣は小さなブルーベリー畑 (2015年07月02日)

IMG_0705IMG_0707吉田畳店工場の隣には小さなブルーベリーの畑がありそのブルーベリーがようやく熟し始めました。その実もかなりの大粒でとても甘い品種のようです。昨日は野鳥対策で樹の上にネットを張りめぐらしこれで一安心です。あれは何時だったのか、初めてのブルーベリーが実った頃に野鳥達に狙われ期待した収穫が出来なくなりましたが今年も数kgの収穫が見込めそうです。このブルーベリーはこのまま生で食べるのが一番美味しいです。以前はジャムしましたが普段パンを食べない私なので冷蔵庫内でカビてしまいました。

今回は畳のお話はお休みです。

バックナンバー"

  • 2018年7月
    « 6月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031