HOME > 畳のお話し


新着情報

3月13日 ホームページよりご注文 (2019年03月13日)

ホームページ上のお問い合わせフォームの機能が機能せず多くの方にご迷惑お掛け致しました。早々に修復致しました所、さっそくオーダーが入りましたので一安心です、ではその全貌をご覧ください。このお客様は急な依頼を恐縮されていましたが予定のやり繰りで対処可能でした。実際の作業は通常の畳表替えですが、畳を引き上げてみると 薄い畳 です。建築様式の変化なのかコストカットの都合なのか最近の畳の厚みがその都度変わってきておりますね。でもご安心ください、施工費用の追加はございません。

1月31日 新築現場事情 (2019年01月31日)

 当店で扱う商品は畳は勿論、襖張替え、カーテンの取り付けなど多岐に渡っております。さて、本日は2つの新築現場へお伺いしました。  1件目は新築の最終段階で畳の納品、ハウスクリーニングも完了しておりますので現場を汚さない様に注意しながら畳の敷き込みです。    

 

次の新築現場は今工事真っ最中、木工事が済んだ2階部分からクロス工事ですがこの作業はいささか変わった作業でございます。通常のクロス施工と全く同じなんですが白い紙を貼った後から左官工事です。判りやすく言いますと、塗り壁の下地を貼る作業です。週明けには1階部分の作業に入る予定です。

1月26日 オリジナルミニ畳 (2019年01月26日)

畳業界はこの1、2月の時期は閑散期なので、この時期にしか出来ない作業をワクワクしながら楽しんでおります。それらの一つが当店オリジナルのミニ畳製作でございます。一般的なミニ畳は長方形ですが、当店が製作しておりますのは  円形  です。長方形のミニ畳と比べると製作工程が多く手間のかかる作業ですが、差し上げたお客様にはたいそう 喜んで頂いておりますので当店は円形のミニ畳を製作いたしております。今年の製作予定は400枚。

1月10日 1億円の使い道 (2019年01月11日)

本日、襖を納品したお客様宅で見つけた興味深い物、

そこで、お客様に質問してみましたら

住宅ローンの返済、それと新車、それと家族旅行。

1億円を何に使うかをお聞きした答でした。でもまだお金が残っていますよ。言いましたら、1億円なんてお金持った事無いからどうしたら良いか 分からないもんですね。と答えておりました。

そうですね、私だったら、優良な賃貸物件のオーナーになって賃料で裕福な暮らしをしたいです。

そうそう、お客様宅で見つけた興味深い物とは

1億円の札束。

本日は正月らしいめでたい内容でした。

2019年 1月1日 新年の営業日のご案内 (2019年01月01日)

皆様、新年明けましておめでとうございます。
旧年中は皆様に支えられましてお陰様で小規模な畳屋ですが頑張れました。
さて、今年の営業日は1月7日より開始いたしますがお電話等でのご相談は年中無休でございます。

12月23日 襖張替えで寒さ対策 (2018年12月23日)

 西高東低の気圧配置、冬特有の日本の天気図でございますがこの時期の襖の張替えはまさに気温との戦いでございます。襖の張替えはその構造により最低でも一晩お預かりいたしまして翌日納品となります。気温が下がるこの時期の襖張替えには寒さ対策が必要でございます。そこで当店ではお客様の襖をお預かりしている間は仮の襖で寒さ対策をしております。

 

年末に多いカーテンの下げ替え (2018年12月16日)

毎年のことですが、年の瀬を迎えようになりますと不思議とカーテンの下げ替えのお仕事が増えております。新年を迎えるにあたり畳や障子襖を替える方が大勢いらっしゃるように、傷んだりよりエレヨレになったカーテンを替えて新年を迎えるのでしょうね。本日も襖を替えた方よりのご依頼でレースのカーテンを下げ替えました 。黒ずんで痛んでいたレースでしたので真っ新なレースより差し込む柔らかな陽の光が実に心地よくかんじられます。

 

12月9日 照明器具 (2018年12月09日)

当店が提供しております商品は年々増えております。畳屋さんですが襖、障子は元よりカーテン、クロス、ハウスクリーニングなどを提供しております。時として、ユニークなお仕事の依頼をお受けする事もあります。この度は障子等の張替えでお伺いした施主様の相談で、これの張替えって出来ますか?  と相談されました。その相談の内容は照明器具の張替えでございます。以前より、この様な張替えをお受けしておりましたので、迷う事なくお受けしましたが想定外の難作業でした。飴色に変色した照明器具のカバーを全て撤去してそこへ真っ白なワーロンシートを貼りました。完成した照明器具カバーを付けて点灯してら、まるで見違えるほど明るくなりました。

 

11月30日 宴会場の畳替え (2018年11月30日)

師走を迎え、職場の忘年会のスケジュール調整に忙しい季節となりました。その忘年会シーズンを前に90畳の大広間の畳替えをいたしました。前回の畳表替えから7年が経ち畳の痛みが目立つ様になり替え時でした。搬入も車から大広間までは長い廊下を一枚いち枚担いで搬入となりましたが程よい汗を流し最期の一畳をピタリと敷き込んだ時の爽快感は格別でした。

翌日は久しぶりの筋肉痛を味わいましたが翌々日ではございません。

11月22日   純和風の新築へ畳納品 (2018年11月22日)

近年、新築の建物より和室が減少しており今では和室は一部屋が当たり前の様になりました。ライフスタイルの変化なので致し方ない事でしょうね。この度、畳を納品した先は最近では珍しく純和風作り。和室は2間通し、離れに一間、畳屋さんにとりまして嬉しい建物です。今回使用した畳表は施主様の要望で熊本産畳表を使用しました。畳を敷き込まれた家中にはイ草特有の甘い香り、さらに檜の香りが広がり実に気持ちの良い建物です。

 

 

キャッシュレスで5%還元いたします

バックナンバー"

  • 2020年8月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31