HOME > 畳のお話し > 12月2日 雪見障子の不思議発見


新着情報

12月2日 雪見障子の不思議発見

障子の張替えでお客様よりお預かりする雪見障子、この雪見障子に時折異変を感じる時がございます。通常雪見障子のスライドする部分は簡単に外せるようになっておりますが、時には外せなくハマっている。その原因の殆どが本来入る所に反対に入っているのが原因です。ちょっと理解しにくいので写真で説明します。雪見障子の本体の左右には深い溝、浅い溝が掘ってあります。

浅い溝

  

 深い溝側

バネが付いたスライドする障子部分

では何故この違いがあるのか、それはスライドする障子戸にはバネが付いております。そのバネが付いている側を深い溝側へ入れために深い溝が掘ってあります。それを逆に入れてしまいますとなかなか外せなくなってしまいます。今回はちょっと専門的なお話になりました。

バックナンバー"

  • 2022年11月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930