HOME > 畳のお話し > 10月17日 お世話になった旧住まい


新着情報

10月17日 お世話になった旧住まい

   飛ぶ鳥跡を濁さず  とは誰もが知っている諺ですね。

さて、私のお仕事は   畳屋さん。

このお仕事をしておりますと、町営、市営などの公営住宅退去に

伴います畳替え、襖替えなどのお仕事の依頼を受けます。

この度は長年住まわれた市営住宅を退去する方よりの依頼で

畳、襖、障子張替えの工事を行いました。

私どもで畳襖障子を引取り張替え作業を進めている間に

お客様は住宅のお掃除を数日かけてしておりました。

そのお掃除が終わったと連絡を頂き作業が終わっていた畳襖障子を

納品致して見ると、まるで新築物件の様に見えてなりません。

 

バックナンバー"

  • 2022年6月
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930